FXプライム

大相撲 | sports.com

大相撲秋場所千秋楽。豪栄道11勝、大関昇進をかけて九州へ、白鵬、稀勢勝利

本日は、秋場所千秋楽。今場所7回目の満員御礼。

今日は、勝ち越しがかかっている日、来場所に繋げるための日、

プライドをかけた相撲。それぞれ目的は違いますが大事な日です。

その中で豪栄道が左からのうまくて少し危ない相撲。自力をみせて11勝目。

来場所の結果次第では、大関昇進も可能な成績を残しました。殊勲賞もとりました。



ちなみに松鳳山は敢闘賞。

今場所の豪栄道は、いつもより動きが力強く確実に力をつけてきている印象でしたね。

来場所も安定した相撲を期待です。

稀勢の里は、鶴竜との一番で圧倒的な攻め。最後は、はたき込まれ物言いが付きましたが、

判定通り稀勢の里の勝ちで11勝4敗で今場所を終えました



振り返ると、腰が浮いてしまった相撲が前半に目立ち中盤から安定してきました。

途中、取りこぼしと言いますか、非常にもったいない一番がありました。

来場所は、一つ上の12勝3敗を目指して、レベルアップしてもらいたいです。

稀勢の場合、足腰の強化ですね。

千秋楽結びは、横綱同士の対決!

白鵬ー日馬富士です

相撲は一瞬。立ち合いで白鵬が日馬富士の右腕を抱え込んでからの強烈な小手投げ。

一瞬で決まりました。白鵬が今場所よく使う技です。

14勝1敗。強いです。

稀勢の里や豪栄道もだんだん力をつけてきていますし遠藤も出てきましたし、

来場所も面白くなってきました。

そして白鵬は、優勝インタビューで35歳まで現役でいる宣言しましたからね。

日本人横綱も何とか誕生してほしいところです。

稀勢の里と豪栄道と遠藤に頑張ってもらいましょう!!

本日の結果です。

東横綱 白鵬 14勝1敗   ○ 小手投げ ● 日馬富士 10勝5敗 西横綱
東大関 稀勢の里 11勝4敗 ○ 寄り切り ● 鶴竜 9勝6敗西大関
東大関 琴奨菊 10勝5敗  ○ 寄り切り ● 妙義龍6勝9敗 東関脇
西前4 魁聖 7勝8敗    ● 寄り切り ○ 豪栄道11勝4敗 西関脇


14日目。直接対決

大相撲秋(9月)場所14日目。稀勢の里散る、豪栄道は再来場所大関へ

秋場所14日目。

稀勢の里と白鵬の直接対決。

白鵬勝てば優勝という1番。

立ち合い前のお互い睨み合い。

立ち合い前の仕切りから白鵬のペース。稀勢の里は間合いを嫌いましたね。

おそらくそうなるかなとわかりました。

しかし立ち合いは互角。

稀勢の里は左下手、白鵬は右上手の状態。稀勢は左下手もとられましたが、

切って右上手もとり前へ。しかし白鵬は瞬時に左からの巻き返し。

稀勢の里の体が流れた後、のど輪で距離をとりながら、

稀勢の里の態勢が棒立ちで若干前かがみになったタイミングで後頭部を引いての

はたき込み。対応力が半端なかったです。さすが横綱といったところでしょうか。

ということで白鵬は4連覇を決めました!!27回目の優勝。

明日は、横綱同士の対決ですが、白鵬が負けることはないと思います。

やっぱり強いですね。

稀勢の里は、上半身が力みすぎていたんでしょうか?足元がお留守の状態に。

豪栄道が白鵬戦の時は上手く対応できていましたけどね。

稀勢の里の課題は、下半身の安定じゃないかと思います。

相撲のレベルは、確実に横綱のほんの一歩手前なので足腰を強化して、

前に落ちない稀勢の里に進化してもらいたいです。

そうすれば、来年、大阪(3月)場所には、確実に横綱になれます!!

豪栄道は、完璧な相撲で10勝目。明日も勝てば、次の場所が、大関昇進をかけての

場所になりますね。やっとですね。

日馬富士は、鶴竜相手に一瞬で回り込んでの送り出し。

琴奨菊ー安美錦の1番は、

立ち合いから琴奨菊は押し込まれ右上手を許してから、

安美錦の引きながら回り込む戦法。

しかし琴奨菊は落ち着いていました。耐えて最後は、左からのすくい投げで9勝目です。

明日勝てば、10勝なので大関としての責任を果たせます!!

新入幕の遠藤は、松鳳山戦でしたが、足首のねん挫で、休場。不戦敗となり9勝5敗となりました。

明日は千秋楽です!!いつもより30分早い進行ですが、

楽しみましょう!!




そして、本日の結果です。

鶴竜9勝5敗 ● 送り出し ○ 日馬富士10勝4敗


白鵬13勝1敗 ○ はたき込み ● 稀勢の里10勝4敗

琴奨菊9勝5敗 ○ すくい投げ ● 安美錦9勝5敗

大相撲秋(9月)場所13日目。白鵬優勝確実、稀勢に土。豪栄道強い!

秋場所13日目。満員御礼。

この日、注目された一番、稀勢の里ー豪栄道。

稀勢の里は、敗れ3敗目。優勝への自力優勝はなくなりました。

初優勝の可能性は、ほとんどなくなりました。

明日は、白鵬との直接対決が控えていますが、勝つ可能性はあると思います。

しかし、連敗しないので千秋楽は勝ち優勝でしょうね。

稀勢の里は、残り全て勝ち12勝3敗で終えれば、評価は非常に高くなります。2横綱を倒す形に

なりますからね。明日は勝ってもらいたいですね。

そして遠藤は、新入幕ながら早くも小結の栃煌山との対決。結び4番前です。

凄いことですね。あまりものスピード出世で大イチョウがないですからね。

つまりオールバックの状態。しかし3役相手に完敗で4敗目。

しかし2ケタまであと1勝。達成してもらいたいですね。

それでは本日の取り組みの分析です。

・稀勢の里ー豪栄道

立ち合いは圧倒的に稀勢の里。

つきはなし稀勢の里が勝ったと思いました。

しかし豪栄道は、突っ張りを下から跳ね上げながら左からいなし、

さらに速攻で密着した押し、のど輪。状態が起き上がった稀勢の里は、

左のおっつけをしようとするも、もう後ろに体重が乗っている状態。

押し出されるしかありません。やっぱり豪栄道は強かった。

体も引き締まっておりいい状態をキープ。大関昇進まで近いですね。

・琴奨菊ー日馬富士

立ち合いから琴奨菊の圧力が強く、押し込み。左下手はとられていましたが、

絞り込んで固定しながら左差で前に前に、最後は、日馬富士、状態が起き上がり首に手を

回す状態に。もう身動きはとれません。後はがぶり寄りで。

・白鵬ー鶴竜

今日の白鵬は、非常に厳しかったですね。しかも速攻相撲


左上手、右差でがぶり寄り。さらに追い込み鶴竜は逃げるしかありません。

しかし白鵬の左上手からの出し投げ。鶴竜が1回転したところ押し出しました。

強すぎます。

明日勝てば優勝決定。4連覇です。どうなるか?

本日の結果



白鵬12勝1敗 ○ 押し出し ● 鶴竜9勝4敗

琴奨菊8勝5敗 ○ 寄り切り ● 日馬富士9勝4敗

稀勢の里10勝3敗 ● 押し出し ○ 豪栄道9勝4敗







千秋楽→

大相撲秋(9月)場所12日目。稀勢ー日馬の2敗対決。分析。



秋場所12日目。

この日は、稀勢の里の初優勝に向けて、横綱日馬富士との

2敗同士の対決。素晴らしい相撲をとりました!!


鳥肌の立つ一番でした。面白かった。

そして稀勢の里にとっては珍しい決まり手でしたね。しかも白鵬と同じ決まり手でした。

→『大相撲秋(9月)場所12日目。稀勢ー日馬の2敗対決。分析。』の詳細ページへ

大相撲秋(9月)場所11日目。横綱の強引さ&稀勢の完勝&遠藤が勝ち越し

秋場所の11日目。終盤に入っています。

優勝争いは、白鵬、日馬富士、稀勢の里に絞られそうです。

本日は、盛り上がる相撲が多かったですね。

結果的には、白鵬、日馬富士、稀勢の里揃って勝ち、1敗で白鵬を追いかける形です。

それでは、本日の取り組みの分析をしてみたいと思います。

・千代大龍ー琴奨菊

この一番は、立ち合いで千代大龍の左からのかち上げに対し、

琴奨菊は、上手く左手を抱え込み、そのまま大関らしい圧力で押し込み土俵際から内側に向かって

右から突き落としました。

・鶴竜―宝富士

鶴竜はのど輪とはたき込み連携。しかし、宝富士には通用せず、そのあとは、
お互い突っ張りとのど輪のオンパレード。鶴竜は圧力で劣っていましたが、

上手く右上手を取ってからは、流れに乗り右からの送り出し。

白熱した一番でした。

・稀勢の里ー魁聖

稀勢の里は、立ち合い、良い形で踏み込みましたね。いい当たりでした。

左からの強烈なおっつけで相手の態勢を崩し、右ののど輪で押し出しました。

非常に強かったです。2敗を守れていい流れです。

・日馬富士ー豪栄道

日馬富士は、立ち合い下から両手での突き上げで豪栄道の状態をおこし、

さらに頭から潜り込んでの押し。豪栄道は土俵際まで追い込まれましたがよく踏ん張り

何とか耐えます。しかし横綱の高速のつっぱりの猛攻が続き、

豪栄道は上体が上がったまま。ついに、右上手と左下手をゆるし、日馬富士の

攻めで寄り切られました。負けが許されない崖っぷちの横綱ですが何とか2敗を守り9勝目

です。これから大関、横綱戦が控えているのでまだまだ気が抜けませんね。

・白鵬ー妙義龍

今日の白鵬は、強引な勝ち方でした。

形としては妙義龍の相撲で、左からのおっつけから頭をつけて左から左からの攻めでペースは

圧倒的でした。しかし、白鵬に一瞬にして両手を抱え込まれロックされ動きが止まりました。

そしてでました、強引な白鵬。右から捻っての小手投げで妙義龍は裏返しに。

形としては、圧倒的に妙義龍が有利でそれでも逆転されてしまうという結果となりました。

これで、明日からの横綱大関戦面白くなりますね。

明日は、稀勢の里 – 日馬富士の2敗対決や

白鵬 – 琴奨菊の結び前。 楽しみにしましょう!!

ちなみに新入幕の遠藤は、勝ち越しを決め3敗を守ってます。

いきなり2ケタいくのか!?がんばってもらいたいですね。

本日の結果。



白鵬10勝1敗 ○ 小手投げ ● 妙義龍5勝6敗

豪栄道7勝4敗 ● 寄り切り ○ 日馬富士9勝2敗

稀勢の里9勝2敗 ○ 押し出し ● 魁聖6勝5敗

宝富士1勝10敗 ● 送り出し ○ 鶴竜8勝3敗

琴奨菊7勝4敗 ○ 突き落とし ● 千代大龍3勝8敗




大相撲9月(秋)場所10日目結果。豪栄道の金星&稀勢の忍耐。優勝争いへ

大相撲は、本日は秋場所10日目。

波乱が起こりました!!豪栄道がやってくれました。金星です!

そして白鵬に土。これで全勝はいなくなりました。

後続も勝ち、白鵬との差が1敗差となり、

直接対決がこれから控えているため、自力での優勝が可能となります!

千秋楽まであと5日を残し、面白い展開となってきましたよ。

本日の取り組みの詳細です。

・千代大龍ー鶴竜

立ち合い鶴竜は、右回しをとりいきなり右半身に。

そのまま上手出し投げで勝ちました。右肩を跳ね上げられたように見えましたが、

上手が取れていたので結果的に良かったのだと思います。

・稀勢の里ー琴奨菊

稀勢の里は立ち合いで出遅れ踏み込めずいきなり不利な展開に。

ただ意外にも押し込まれず組み合い。

琴奨菊は右上手、稀勢の里は左上手と左手を抱え込んだ態勢です。

稀勢の里は何度も右上手を外しにその間に琴奨菊は腰をぶつけての寄り。

これを下手投げで耐えた稀勢の里は、ようやく右上手を外すことに成功し、逆に相手の右手を

絞り上げ一気に寄り切り。2敗を守りました。勝ち越しです!!

・白鵬ー豪栄道

立ち合い白鵬は、右手小手投げにいくも耐えられ、その後はたき込みをしようとしましたが、

豪栄道には通用しませんでした。それからは豪栄道のペース。

豪栄道は、白鵬の突っ張りを下から跳ね上げ、

顎を引いてかわしながら密着して前に押し込み、最後は押し出しました。

休まずに攻めたのがよかったですね。そして会場からは豪栄道コールが。

白鵬としては完敗でした。豪栄道金星。白鵬は1敗。

豪栄道は研究熱心なんでしょうね。強かったです。

・魁聖ー日馬富士

日馬富士は、またまた左に変化しての上手投げ。一瞬で勝負がつきました。

日馬富士は横綱ながら今場所2度目の変化。しかし、この日ようやく勝ち越しです。

横綱としては、評価されない相撲内容だっただけに、会場もテンションがガタ落ちでしたね。

10日目を終えて、白鵬が1敗、日馬富士、稀勢の里、豊真将が2敗で追いかけており、

優勝争いから目が離せません!!



では本日の結果です。

魁聖6勝4敗 ● 上手投げ ○ 日馬富士8勝2敗
白鵬9勝1敗   ● 押し出し ○ 豪栄道7勝3敗
稀勢の里8勝2敗 ○ 寄り切り ● 琴奨菊6勝4敗
千代大龍3勝7敗 ● 上手出し投げ ○ 鶴竜7勝3敗
明日の取り組みは
白鵬 – 妙義龍、豪栄道 – 日馬富士、 稀勢の里 – 魁聖、
宝富士 – 鶴竜、 琴奨菊 – 千代大龍 。


大相撲秋(9月)場所9日目。稀勢勝ち越しお預け、2敗目。白鵬&日馬は?

本日は、稀勢の里が敗れました。2敗目です。
白鵬に離され優勝争いから一歩後退です。これで一敗はいなくなりました!
白鵬の独走になってます。直接対決で挽回してもらいたいものです。
それでは、取り組みの分析です。
・稀勢の里ー千代大龍
立ち合いは低く当たれましたが、千代大龍の突っ張りをもろにくらってしま状態を起こされ
、一気に土俵際に押し込まれました。はたき込みをしましたが右足が出た後だったので、
物言いはつかず敗れました。痛い2敗目です。
・琴奨菊ー鶴竜
立ち合いの当たりは互角。態勢は、両回しをとった鶴竜の方が有利でした。
しかし、琴奨菊が回しをきり、攻めが勝りきれいに寄り切りました。
・妙義龍ー日馬富士
日馬富士は、立ち合いから押し込まれ、途中いなしたり、はたき込んだり。
しかし、突っ張りとのど輪の攻撃的な相撲でふところに入れず、押し出しで勝ち7勝2敗。
負けは許されない中で、これから大関戦が続きます。
・白鵬ー豊響
白鵬は、立ち合いからすぐに左からの投げで、一瞬で勝負を決めました。
ただ一人の全勝。強いです。
本日9日目の結果。

白鵬9勝0敗 ○ 突き落とし ● 豊響4勝5敗
妙義龍4勝5敗 ● 押し出し ○ 日馬富士7勝2敗
琴奨菊6勝3敗 ○ 寄り切り ● 鶴竜6勝3敗
稀勢の里7勝2敗 ● 突き出し ○ 千代大龍3勝6敗


さあ優勝争いどうなるのでしょうか!?

稀勢の里は、星を落とさないよう白鵬との直接対決に向けて準備してもらいたいですね。

本日は負けましたが、明日からの巻き返しを期待しましょう!

その他の大関陣は、やはり大関の地位らしく二けたには乗せてもらいたいところです。

3敗は仕方ないので次ですね!!

大相撲秋場所これまでの結果

大相撲9月(秋)場所8日目。日馬富士が圧倒的&白鵬、稀勢万全-9/22-

本日は秋場所8日目。
中日です。

稀勢の里が1敗を守り、他大関は3敗目を喫し白鵬に離される一方です。
白鵬は全勝で勝ち越し
日馬富士も瞬発力で勝ち2敗を守っています。
それでは、取り組みの分析です。

・琴奨菊ー松鳳山
松鳳山は、右に変化して、あっさりと琴奨菊に勝ちました。一瞬でした。
琴奨菊は、相手が見えていなかったですね。
これで、今場所の松鳳山は、1横綱2大関に勝利。琴奨菊は3敗目です。

・妙義龍ー鶴竜
鶴竜は、妙義龍のツッパリで押し込まれるパターン。2回も引いてしまい、それでも落ちず、
寄り切られました。3日連続で同じような展開で今回はさすがにダメでしたね。
3敗目です。

・稀勢の里ー豊響
稀勢の里は、豊響の当たりを受け止め、押し込まれましたが、土俵際で左を差して右上手を取り、
持ち直して一気に寄り切りました。立ち合いから、低く当たれたのが良かったです。
途中高くなりましたが、万全でしたね。1敗を守って白鵬についていってます。

・白鵬ー宝富士
立ち合いで、右を差して、左上手で万全の態勢。余裕で落ち着いており最後は、
かいなを返し、土俵に転がしました。
8連勝で勝ち越しです!!

・日馬富士ー千代大龍
崖っぷちの横綱は、立ち合いから突っ張り合い、その後は、圧倒的な押しで
押し出しました。何とか2敗を守った形です。
8日目終了して全勝白鵬、1敗稀勢の里となっています。
ちなみに、新入幕の遠藤は、牙牙丸の圧力に負け敗れまして3敗目。

本日8日目(なか日)の結果

千代大龍2勝6敗 ● 押し出し ○ 日馬富士6勝2敗
白鵬8勝0敗 ○ 呼び戻し ● 宝富士1勝7敗
稀勢の里7勝1敗 ○ 寄り切り ● 豊響4勝4敗
妙義龍4勝4敗 ○ 押し出し ● 鶴竜6勝2敗
琴奨菊5勝3敗 ● 突き落とし ○ 松鳳山5勝3敗


レアな技呼び戻しが出ました。白鵬ー宝富士の対戦です。

非常に上手く技が入っていますのでこちらで確認してみてください。




大相撲秋場所これまでの結果
貴乃花vs朝青龍

宝富士とベンアンドジェリーズが!!

大相撲9月(秋)場所7日目。稀勢の里1敗守る。実力者の遠藤

秋場所7日目。満員御礼。

本日は琴欧州が太ももを痛め休場となりました。

豪栄道に注目していましたが、あっさり敗れてしまいました。

松鳳山の突っ張りに対して2度も引いてしまい土俵の外に。

立ち合いで踏み込めなかったのが原因でした。痛い3敗目です。

大関の鶴竜は2日連続で土俵際に追い詰められての投げ。

勝ちはしたものの大関としては物足りない一番が続いております。

負けた隠岐の海は雰囲気があり実力者でもあるので

これから番付を上げてくる力士の一人ですよ。期待です。

琴奨菊は、苦手の栃煌山に寄り切られ2敗目。

稀勢の里は、腰が高かったですけど左からの強烈なおっつけで勝負を決めました。

このままいってほしいですね。横綱昇進につながる場所にしてほしいです!!

そして横綱ですが、

日馬富士は、負けが許されない状況で相手は、豊響。立ち合いで左に変化し寄り切りで

制しました。横綱としては、らしくない相撲ですが、勝つことを重視したんでしょうね。

もう一人の横綱、白鵬は、7連勝をかけての一番です。

立ち合いの当たりで跳ね返し一瞬で決めました!

ただ一人の7連勝です!

最後に、新入幕の遠藤の結果ですが本日もはたき込みで勝ち5勝2敗としました。

明日は

琴奨菊ー松鳳山、妙義龍ー鶴竜、稀勢の里ー豊響、
白鵬ー宝富士、千代大龍ー日馬富士。


そして本日の結果は、


白鵬7勝0敗 ○ 引き落とし ● 千代大龍2勝5敗
豊響4勝3敗 ● 寄り切り ○ 日馬富士5勝2敗
琴奨菊5勝2敗 ● 寄り切り ○ 栃煌山3勝4敗
高安2勝5敗 □ 不戦勝 ■ 琴欧洲4勝3敗
稀勢の里6勝1敗 ○ 押し出し ● 妙義龍3勝4敗
隠岐の海2勝5敗 ● 上手投げ ○ 鶴竜6勝1敗


です。

大相撲9月(秋)場所、白鵬の6連勝&日馬富士の気迫!その他結果は?

本日は秋場所6日目。
2横綱3大関は、白星です。
そして琴欧州は敗れ2敗目を喫しました。
琴欧州は松鳳山を相手に立ち合いから押し込みましたが、
右からいなされそこからは松鳳山のペース。
勢いのある押しで回しもとらせず、琴欧州は何もできませんでした。
これで優勝争いから一歩後退ですね。
そして今日注目していた豪栄道ー鶴竜の一番。
立ち合いから豪栄道の押し込みで一気に寄り切りかと思われましたが、
鶴竜が体を残しすくい投げられました。
豪栄道の勝ち相撲だっただけに…残念な黒星で2敗目。
そして大関の稀勢の里は、立ち合いから低くあたり突っ張り。
相手が深く入ってきたところをのど輪で押し倒しました。上り調子です。
大関琴奨菊もまわしを取らずに攻め、危なげなく寄り切り。
そして窮地に追い込まれている横綱日馬富士です。
この日は、一気に攻め込むも土俵際で押し返せされましたが、
終始攻め続け、気迫溢れる相撲でした。
横綱としてもう負けられませんからね。いい相撲内容だったと思います。
結び前の一番は、白鵬- 栃煌山。
白鵬はあたってから一瞬で体を左に移しとったりで勝ちました。
ただ一人の全勝です!強いです。、
この白星で幕内での勝星数が684勝となり高見山を抜き単独7位。
その上は貴乃花の701勝です。来場所には、追いつきますね。
横綱白鵬が全勝で、3大関が追いかけている状況です。
このまま終盤に近づいてくると、直接対決があるので、そこで逆転できる可能性が
あります。大関陣も調子上がってきてますからね!
がんばってもらいたいです。
明日の取り組みは、

白鵬 - 千代大龍、豊響 – 日馬富士、琴奨菊 – 栃煌山
高安 - 琴欧洲、稀勢の里 – 妙義龍、隠岐の海 – 鶴竜
松鳳山 – 豪栄道


松鳳山 – 豪栄道は面白そうです。両者体動いてますからね。
そして本日6日目の結果。


東前2 隠岐の海2勝4敗 ● 寄り切り ○ 日馬富士4勝2敗 西横綱
東横綱 白鵬6勝0敗 ○ とったり ● 栃煌山2勝4敗 東小結
西関脇 豪栄道4勝2敗 ● すくい投げ ○ 鶴竜5勝1敗 西大関
東大関 琴奨菊5勝1敗 ○ 寄り切り ● 高安1勝5敗 西小結
東前筆 松鳳山3勝3敗 ○ 押し出し ● 琴欧洲4勝2敗 西大関
東大関 稀勢の里5勝1敗 ○ 押し倒し ● 碧山1勝5敗 西前2


sports.com TOP » 大相撲