FXプライム

上原の2013の最後の一球は?球種は?球数は?wc何人目? | sports.com

上原の2013の最後の一球は?球種は?球数は?wc何人目?

Sponsord Link



上原、田沢が所属する2013年のレッドソックスが優勝しましたワールドチャンピオンです!

6年ぶり8回目の制覇らしいです。

上原にとってもレンジャーズ時代にワールドシリーズ出場はあったものの

その時は敗れているのでワールドシリーズ2回目にして初のワールドチャンピオンです。




今年のカードはレッドソックスvsカージナルス。

ワールドシリーズというレベルの高い試合で田沢や上原も堂々のピッチングを見せました。

そしてワールドシリーズ最後の試合も登板し勝利に貢献。

ではこの試合、どのようなピッチングを見せたのでしょう?

上原・田沢のピッチング




~田沢~

田沢は2球で7回の満塁の場面を切り抜けました。

コントロールや球速もアップして確実に成長しています。

上原

13球でラストはフォークで三振に仕留めました!

大量にリードしていたとはいえ、野球は何があるかわかりません。

フォアボールから大量失点とかホームランを打たれて一気に流れが変わったりだとかありますからね。

しかもワールドシリーズという独特の雰囲気でプレッシャーが

半端ない環境で登板するのって思った以上にスタミナが消耗するのではないでしょうか?


その中で上原と田沢は投げました


それだけでもすごいことです。

Sponsord Link


最後に投じた1球はどんな球だったのでしょう?

上原が9回登板して投じた球数は13球。一人当たり4球くらいです。

そして最後に投じた球はやはりフォーク

外に落としましたね。

ドッキリで仕掛けられた落とし穴並の深さです(笑)

相手は出川哲郎ではなくカーペンター

相手打者カーペンターを空振り三振に仕留めゲームセット。ワールドチャンピオンという流れです。

優勝がかかった試合で三振で締めるのっていいですね。絵になります。

例えばWBCなら大塚、ダルビッシュなどが印象的ですし、

高校野球なら松坂とかハンカチ王子でしょうか。

でもなかなか最後に三振で終わることって少ないですよね。


それにしても今シーズン見てて思ったのは、気合いの入ったハイタッチなどかなりハッスルしてる

上原が昔とは別人なところです。日本では絶対にないと思います。


自己主張の国アメリカバージョンなのかもしれませんね。

演じているのか素なのか。

まあどっちにしろリミッターが外れた上原も楽しめました。

ワールドシリーズ出場してチャンピオンズリングをはめるのは、

日本人では8人目。2人なので9人となります。


田口は2個持ってますけどね。

チャンピオンおめでとうございます。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » メジャー » 上原の2013の最後の一球は?球種は?球数は?wc何人目?