FXプライム

18世界野球選手権20132次ラウンドアメリカ戦、先発は飯田。結果、スコア。 | sports.com

18世界野球選手権20132次ラウンドアメリカ戦、先発は飯田。結果、スコア。

Sponsord Link

こんばんは。
今日の2次ラウンドアメリカ戦の先発は常総学院の飯田くんになりました。
変化球が緩いので心配な面もありますが、無失点でいけるか?

アメリカは、パワーがあり、去年は、アメフトと勘違いしてしまうようなタックルを、
2塁、3塁、本塁で2回の実績があります。かわしても向かってきます。そんなチームです。
キレのあるボールを投げれば打たれないのでうまくかわしていきましょう。
そして日本のスタメンは、



1番[右]吉田(北照) 
2番[左]熊谷(仙台育英)
3番[捕]森友(大阪桐蔭)
4番[一]内田(常総学院)
5番[三]渡辺(東海大甲府)
6番[二]奥村(日大山形)
7番[指]園部(聖光学院)
8番[中]森龍(日大三)
9番[遊]竹村(浦和学院)


です。打順を入れ替えてきました。

初回は、アメリカに4連打され1点先制されましたが最少失点で切り抜けます。

2回、3回も無失点。ヒットは、毎回打たれていますが、粘りのピッチングで抑えています!

その粘りのピッチングに応えて、ついに3回、打順も2順目となったところで反撃開始。

9番の竹村くんの内野安打からはじまりました!!

1番の吉田くんのレフト前でランナーを溜めた後、3番森くんの三遊間への内野安打で同点。

4回は、早めの継投策で岩国商業の高橋くんが登板。久しぶりの登板です。

いい変化球持っているので、空振りとれそうです。

やはり変化球効きますね。奪三振はありませんが、ゴロを打たせるピッチングで3者凡退です。

4回までで1-1の同点。さあ援護したいところです。

5回、アメリカの攻撃、エラーから四球、ヒット2本で2点追加され1-3。エラーからの失点

となりました。さらに内野手の暴投などもあり1-5。ボールが滑りやすいですからね。

これは相手も同じ条件ですからね。エラーがきっかけになるので。

日本はこの試合、アメリカが相手ということで少し硬いんでしょうか。

バッティングの方もなかなか打ち崩せていません。いいピッチャーです。

6回も1点を追加され1-6となりますが、その裏に3番森の2塁打から1点返し

2-6となりました。

7回からは、久しぶりに広島新庄の田中くんの登板。四球はありましたが、

その後は3人でリズムよく抑えました。打つ方は、相手ピッチャーが良くて、

なかなか点をとれませんね。最後まであきらめずに逆転狙っていきたいところです。

そして8回、4番内田のセンター前で2点返して4-6。

9回は、甲子園優勝投手の高橋くんが登板。

でもホームラン打たれちゃいましたね。

アメリカは、ストレートに強いですから、追い込むまでに苦労します。次に生かしたいです。

4点追加され4-10。ここは、粘りを見せる所です。決勝のためにも点をれるだけとって

流れを作っておきたいところですが無得点に終わり4-10の敗北。

でもヒットも1本出て簡単には終わらせなかったので、よかったです。明日に繋がります。

アメリカ強かったですが決勝ではリベンジしてもらいたいです!!

抑えれば勝てますね!!

[スコア]


    回数 被安打 四死球 奪三振 失点 球数

飯 田 3   6   0   2  1  64
高橋由 3   5   3   0  5  44
田 中 2   0   2   2  0  22
高橋光 1   4   1   0  4  27 
1番[右]吉田(北照)5-1 
2番[左]熊谷(仙台育英)4-1-1
3番[捕]森友(大阪桐蔭)4-2-1
4番[一]内田(常総学院)4-1
5番[三]渡辺(東海大甲府)3-0
6番[二]奥村(日大山形)3ー0
    (若月1-0)
7番[指]園部(聖光学院)4-0
8番[中]森龍(日大三)3-0
    (上林0-0)
9番[遊]竹村(浦和学院)2-1-1
     (岩重2-1-1)



Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 高校野球 » 18世界野球選手権20132次ラウンドアメリカ戦、先発は飯田。結果、スコア。