FXプライム

18U世界野球選手権、決勝アメリカ戦先発は松井。奪三振は? | sports.com

18U世界野球選手権、決勝アメリカ戦先発は松井。奪三振は?

Sponsord Link

今日は、いいよ決勝のアメリカ戦です!
決勝ということで、地上波で緊急中継です。
先発は予想通り桐光学園の松井。
スタメンは、


1番[右]吉田(北照) 
2番[左]熊谷(仙台育英)
3番[捕]森友(大阪桐蔭)
4番[指]内田(常総学院)
5番[一]園部(聖光学院)
6番[三]渡辺(東海大甲府)
7番[二]奥村(日大山形)
8番[中]森龍(日大三)
9番[遊]竹村(浦和学院)


です。打順を元に戻してきましたね。機能していた打線に。

初回は、2回は先頭打者がヒットで出塁するも後が続かず。

アメリカの長身のエースエイケンがいい球を低めに決めてきますのでなかなか手が出ませんね。

松井くんの立ち上がりは。やっぱりスライダーがすごいですね!!キレがありすぎます。

手元でストンと落ちます。ストレートも145キロ。初回から飛ばしてますね。

アメリカもスライダーを見送るシーンもありますが、ストレートもいいので。

四球もありましたが、2回終了して無失点。5奪三振

3回も振り逃げがありましたが、牽制でアウトやライト吉田のファールグランドでの

スライディングキャッチもありこの回も無失点。6奪三振。緊張感があります。

4回もスライダー、ストレートのキレがすごいです。

連続フォアボールで2アウト満塁となりましたが、内野ゴロで打ちとり無失点。

0-0。緊張感のある試合です。

相手がサウスポーなので右バッターがポイントです。

そして5回ついにきました!!
2番熊谷のセンター前。先制です!うまく打ちましたね。

その裏は、同点に追いつかれましたが、内野ゴロの間ですからね。

ここまで9奪三振。ナイスピッチングです。

次の1点ほしいところですが、逆に1点取られ1-2。松井の球数は104球となりました。
7回、ヒット打たれたところで山岡くんにスイッチ。

スライダーが抜けて一球も決まらず、ストレートを弾き返されて1失点1-3。

突き放されています。

8回には5番園部のセンター前で1点返し2-3。

次の回も山岡くんのスライダーが決まり始め、無失点に。

そしてラスト9回は2アウト2塁まで攻めましたが、無得点で敗北。

準優勝となりました。惜しかったです。非常に締まったゲームで見ている

方としても緊張感がありましたし、試合している選手は、すごい重圧の中プレー

していたと思います。継投のタイミングも良かったですし。

ヒット数も同じでしたが得点圏からの1本が出ませんでした。

初優勝はなりませんでしたが、これからプロや大学で力をつけて

世界に挑んでもらいたいと思います。


[スコア]

日本 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
米国 0 0 0 0 1 1 1 0 X 3
   回数 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点 球数
松井 6   5   9   5  2   3  105
山岡 2   1   2   0  1   0  21

1番[右]吉田(北照)5-1 
2番[左]熊谷(仙台育英)3-1-1
3番[捕]森友(大阪桐蔭)3-0
4番[指]内田(常総学院)4-1
5番[一]園部(聖光学院)4-2
6番[三]渡辺(東海大甲府)2-0
7番[二]奥村(日大山形)4-0
8番[中]森龍(日大三)3-1-1
9番[遊]竹村(浦和学院)2-0



Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 高校野球 » 18U世界野球選手権、決勝アメリカ戦先発は松井。奪三振は?