FXプライム

町田樹の振り付けはランビエール?得点が伸びた理由と血液型は? | sports.com

町田樹の振り付けはランビエール?得点が伸びた理由と血液型は?

Sponsord Link



フィギュアスケートのソチオリンピック日本代表が決まりそうです。

選考会を兼ねた全日本選手権で羽生が優勝し確定。

町田樹は2位に入り、確定です。

今シーズンも優勝3回の実績を含めて当然のことだと思います。

町田樹と言えば

高橋に憧れて、高校、大学と同じ進路を選び

現在は関西大学でスケートをしていることで有名ですね。

男子フィギュアの激戦時代の中で、

憧れだけで終わらず、実力もつけてオリンピックに出場とは

凄いことです。

そんな町田樹選手にスポットを当てて成績や振り付けなど

について見ていきましょう。

町田樹のここ最近の成績


町田樹3


ここ最近、着実に力をつけてきている印象です。

2012年の得点は、平均して約220点くらいでしたが、

今シーズンは約240点となっています。


順位も4位以内の成績を継続しており

表彰台5回。うち優勝3回

2012年は、9位や6位という結果もありましたので

安定感が増してきているのもわかります。

日本代表として誰もに認められるのでは

ないでしょうか。

町田樹の昔のスケート環境は?


町田樹2



町田樹選手の幼少期からのスケート環境はどうっだったのでしょう?

非常に気になりますね。

まずスケートをはじめたのが3歳、生まれた千葉で練習を積んでたみたいです。

小学生の時、広島に引っ越してスケートを続けるわけですが、

スケートをするために、夏は、岡山などに遠征していたそうで、

相当ハードだったと思います。

Sponsord Link


近くに練習場がない時期があったことから環境的には

恵まれているとは言えませんね。

でも遠征して努力を積み重ねてきた幼少期があったから、

オリンピック出場に結びついたのでしょう。

やはり環境より気持ちが大事なんですね。

振付師があの人!

ランビエール


町田樹選手の振付師を知って

びっくりしたんですが、

トリノオリンピック銀メダリスト

ランビエールが2011年から2013年途中まで担当していたみたいです


まさか町田選手の振付師だとは思いませんでした。

残念ながら今演技している曲「エデンの東」など、

ランビエールは絡んでいませんが、

振り付けは、表現力を強化するためにも大事なポイントです。

そこで吸収して今に繋げているのでしょうね。

もちろんそれだけではなく4回転ジャンプの成功率も高くなり

スケーティングも上手くなっています。

スケート技術の向上に関しては、コンパルソリーという

決まった図形を正確に描く基本練習を毎日続けたことが大きいみたいです。


町田自身も

「どのように体を動かしたらエッジ(刃)に乗った正しいスケートができるのか、
しっかりと考えるようになった。」


と語っていますから。

どんどん得点が伸びているのでどこまで伸びるのか

非常に楽しみです!まだ23歳ですしね。

ちなみに血液型はO型みたいです。


浅田真央 金メダルなるか?


[追記]

ソチオリンピック男子フィギュア

町田樹のSPは

エデンの東」。83点台で11位

3回転が2回転になってしまったのが原因でした。

まだまだメダル圏内。

コメントでは、町田ワールド満載でしたね

英語の発音がいいのが面白いし、

「バレンタインですよね。日本では。逆バレンタインできるようにがんばります。
今日は、本当に悔しかったですけど、明日、また、頑張ります」
「絶対にあきらめずに進みます」


という独特の表現で前向きなコメント。

闘志あふれるコメントなので気持ちいいですよね。

フリーでの大逆転を期待したいです。

[フリーの演技]

惜しかったですね。

ジャンプが上手くいけばメダルとれていたと思います。

力み過ぎたのでしょうか。緊張でしょうか

ショートか、フリー、どちらかの一つのジャンプだけでも成功していたら

と思うと非常に惜しかったなと思います。

やはり最高に楽しめるというのが最高の成績につながるような気がします。

自分との戦いですね

町田樹選手はまだ23歳。はじめてのオリンピックを経験して、結果5位

レベルアップはしたと思います。

パトリック・チャンも前回5位でしたからね。

次回のオリンピックは、さらに素晴らしい演技を見せてくれるでしょう!




Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » オリンピック » 町田樹の振り付けはランビエール?得点が伸びた理由と血液型は?