FXプライム

渡辺俊介メジャーで活躍は?球種は?成績・身長?同じサブマリンは? | sports.com

渡辺俊介メジャーで活躍は?球種は?成績・身長?同じサブマリンは?

Sponsord Link



現在、楽天の田中マー君がメジャーに行くかどうか話題になっていますが、

ロッテの渡辺俊介もメジャーリーグ挑戦を表明しています。


渡辺俊介といえば、サブマリン投法(アンダースロー)で有名ですね。

日本でも活躍しWBCにも参加したトップレベルの選手です。

果たしてメジャーでも活躍できるのでしょうか?



日本での成績やメジャーのサブマリン、同じ境遇の日本人選手などに

スポットを当てて分析していきたいと思います!!


渡辺俊介のプロフィール


出身地:栃木県栃木市
生年月日:1976年8月27日
身長:177 cm
体重:70 kg


身長はそんな高くありませんが、より地面に近い位置まで体を傾けることができる独特のフォームを

実現できます
。その他血液型はA型年齢は37歳です。

球種は、高速シンカー、カーブ、スライダー、チェンジアップ。

緩急をつけて打ち取るタイプですね




渡辺の成績


渡辺


渡辺は、ロッテのサブマリンとして素晴らしい活躍をしてきました。

ただ今シーズンの成績は、0勝4敗、防御率4.62と不本意な成績に終わりました。

しかも年齢は来年に38歳になります。


果たして活躍できるのでしょうか?

今の渡辺と非常に重なるのが39歳でメジャーに挑戦した桑田です


桑田は、メジャーに挑戦する前のシーズンの成績は、1勝1敗、防御率6.94でした。

その中で、メジャー挑戦。結果は19試合で0勝1敗、防御率9.43(パイレーツ)


その年の8月に戦力外通告。結局打たれすぎて活躍できてません。

1年も持たずに姿を消すことに。

桑田は、メジャーリーガーになれたので悔いはないと言ってましたね

そうすると桑田と前年の成績の面で似通ってる渡辺が

活躍するのは厳しそうな感じもします



さらに小宮山は37歳で挑戦して25試合で1勝3敗、防御率5.61(メッツ
)。

1年後にロッテに復帰という流れです。

の2人のデータから年齢でみてもメジャーでは通用しない可能性が高いと言えます。


渡辺は思い出づくり程度に考えているようで成績より

とにかくメジャーのマウンドに立ちたいのでしょう!!


そんな渡辺俊介にも活躍が期待できる要素があります。


それはなんでしょうか?

Sponsord Link


渡辺のサブマリンはメジャーで通用するか?



期待できる明るい要素は、サブマリン投法だということです。


地面すれすれから浮き上がっていくボールは、なかなか打ちづらいものです。

メジャーリーガーで現在サブマリン投法は2人います。

2人ともなかなかの成績を残しています。

それ以外にも2009年に引退したチャド・ブラッドフォードという選手が

渡辺と同じように地面すれすれから投げていたみたいで、

メジャー通算561試合で3.26の防御率を残しています。

チャド


肩肘に負担がかかるため故障は多かったみたいですが

素晴らしい成績を残していますね。

このようにメジャーにはサブマリンはほとんどいませんが、

分析してみるといい成績を残せる傾向にあります。


ということは渡辺のサブマリンも十分通用するのではないでしょうか?

その可能性が非常に高いです!年齢とか前年の成績とか関係ありません。


でもまずは、契約ですね。

今シーズンのロッテでは活躍できなかったわけですから、

長期戦になると思います。

桑田みたいにはじめはマイナー契約かも。

どこかに決まってくれればいいですね。

メジャーのマウンドでの渡辺のサブマリン。

見られたら最高です!!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » プロ野球 » 渡辺俊介メジャーで活躍は?球種は?成績・身長?同じサブマリンは?