FXプライム

清原和博が守備固め?復活をかけて護摩行!桑田との仲の真実 | sports.com

清原和博が守備固め?復活をかけて護摩行!桑田との仲の真実

Sponsord Link



清原と言えば、誰もが知っているホームランバッターです。

1年目に31本のホームラン。

プロ野球通算で525本ですからね。



松井でもそんなに打ててないので

凄さがわかると思います。


晩年は、筋力をつけすぎて、体のキレがなくなったのがもったいなかった

ですけど。


西武の4番で活躍しFAで念願の巨人へ入団。

巨人時代は、成績不審にで結果を残せなかったですが

存在感はありました。

巨人時代の清原


巨人時代は、成績を残せず9回に守備固めに入ったこともあります。

この時期は松井や江藤、石井、マルティネスなど4番候補がいて守備位置も

被っていました。


不振の清原は、石井の守備固めでファーストに入った時の気持ちは、

どうだったのでしょう?


確かにゴールデングラブ賞を5度受賞していますが、

バットで生きてきた選手がグローブ一つでグランドに向かうのって

相当なものだったと思います


清原の親指の爪は、ストレスで黒く腐ってきてたらしいです。

打席では、あのホームランバッターにバントのサインですからね



オフには、復活をかけて最福寺で護摩行を行ったり

精神面を鍛えてましたね。

護摩行は、金本や新井も入門してやってましたが

プロ野球選手では清原が元祖です。

護摩行ってどんなものかといいますと、

部屋の真ん中に火を焚いていて、300℃にも達する温度のなか

お経を唱えるという業です。(他にもスクワットなどあります)

火の粉が飛んでくるので火傷もします。

その中で数時間耐え抜きます。相当な精神力が必要です。

復活に向けて準備をしてきたんですが結局怪我も重なり、

本来の力は発揮できませんでした
。清原でも、

環境により変わるものなんですね。

Sponsord Link


桑田との仲は?


清原と桑田


清原と桑田は高校時代KKコンビとして活躍していましたが

プロのドラフトで仲が悪くなったという噂があります。

しかし、それはただの噂で実際そんなことはありません。

確かにドラフトでは、ジャイアンツに指名されることに

なっていた清原が、蓋を開けてみると指名されず、

代わりに桑田が1位で選ばれるという結果に。


桑田は清原に悪いと思い気を遣っていたため

なるべく清原と口をきかないように、そして首脳陣から清原の

ことについて何か聞かれてもなるべく話さないようにしていたみたいです。


お互い傷ついてプロに入ってきて相当な精神的負担だったのではないでしょうか。

桑田は、大人の汚さをこのドラフトで感じたと語っていました。

でも清原のFAの時は、巨人へ来てほしいという話はしたみたいですよ。

だからお互い気を遣っていただけで仲が悪いということはおそらくないと思います。

最後に


清原は、相当な努力をして結果を残してきて、

筋力をつけ過ぎるといった違った方向に進み結果が出せなくなったのが

非常にもったいないと思いました。復活のため肉体改造も行いましたが

カバーしきれなかった。ただ番長として記憶に残る選手だったと思います。

松坂から打った特大ホームランも印象的でした!

先で監督をする機会があれば、またユニフォーム姿も見てみたいですね。

バラエティでの清原も面白いですけどね!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » プロ野球 » 清原和博が守備固め?復活をかけて護摩行!桑田との仲の真実