FXプライム

岡田准一が大河で軍師!撮影場所とゆるキャラ!格闘技や身体能力は? | sports.com

岡田准一が大河で軍師!撮影場所とゆるキャラ!格闘技や身体能力は?

Sponsord Link



V6の岡田准一が2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主演

となりました。

黒田官兵衛といえば、2011年に放送された



「戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち 」

の印象が強いですが、この時は、高橋克典が官兵衛役、

山本耕史が竹中半兵衛役で共演していました。

今年の12月23日に再放送があるようなので要チェックです。

軍師とは?


軍師とは、

軍中において、軍を指揮する君主や将軍の戦略指揮を助ける
職務を務める者のことである。


つまり、作戦を考える人です。

直江兼続や山本勘助もそうですが、役目としては、地味な職務ですね。

しかし人の命を預かる重要な職務で、

事実上のNO.2と言って間違いないでしょう。

(野球なら監督でしょう。その上のオーナーが秀吉になります。

例えば、優賞した楽天なら星野監督と三木谷会長になりますかね。

イメージでは。)

黒田官兵衛も秀吉の軍師だった人物なので

ご存知の方も多いと思います。

その役を演じるのが、岡田准一さんなんですね。


格闘技の経験は生かせる?


岡田さんと言えば、

3つの格闘技をマスターされていることでも

有名ですよね。

どういう格闘技かご存知ですか?

1つ目は、「カリ」というフィリピンの国技で

素手、棒やナイフなどを使う武術らしいです。

2つ目は、USA修斗

3つ目は、ブルース・リーがあらゆる格闘技を融合させて

完成させたジークンドー。

岡田さんは、ジークンドーのインストラクターの資格、

USA修斗は、師範代の手前の実力だそうです。


クラヴマガというイスラエルの護身術もできるそうですよ。

全て出演していたSP絡みだそうですね。

それにしても身体能力が半端ないです!

さあ、その身体能力を大河ドラマでも生かしたいところですが

おそらく生かせないでしょう。

というのも黒田官兵衛は、片足を引きずるくらいの状態なので、

激しい動きはないでしょうから。

あるとすれば前半だけだと予測します。

ただ細かい部分で格闘技の技術を生かせる場面があるかもしれません。

そういったところにも注目です!

Sponsord Link


撮影場所は?


初のロケは、茨城県つくばみらい市で行われたようです。

そして、姫路、福岡、大分などですが、

まず姫路では書写山円教寺で行われました。

姫路は、黒田官兵衛の生誕の地なので予想通り入ってきました。

官兵衛 姫路


そしてお隣の朝来市のある竹田城跡でも撮影を行ったみたいです。

姫路では、大河ドラマに便乗してゆるきゃらの「かんべえくん」、

食べ物なら官兵衛くんバーガーも売り出してる茶屋があったりして、

意外と面白い印象を受けます。

あと姫路と言えば、まねきの「えきそば」や姫路おでん、姫路城が有名ですね。

えきそば(天ぷらそば)は、普通のえきそばと比べ物にならないくらいおいしいですよ。

白い麺で舌触りがよく天ぷらもおいしいのでお勧めです。

姫路おでんは、しょうゆと生姜のおろしで食べるみたいですね。

今後予想されるのは、大分県の中津市です。

なぜかというと中津城の築城に関わったのが黒田官兵衛だからです。

中津はから揚げが有名なので、見学される時は、から揚げもご一緒に。

福岡も官兵衛のゆかりの地であり、西軍として戦った地でもあるので

盛り上がっていくでしょう!








Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » スポーツ » 岡田准一が大河で軍師!撮影場所とゆるキャラ!格闘技や身体能力は?