FXプライム

安楽智大の球種は同郷の秋山と同じ?フォームは澤村に似てる! | sports.com

安楽智大の球種は同郷の秋山と同じ?フォームは澤村に似てる!

Sponsord Link



済美の安楽智大は、2014年の選抜出場を逃しました。

次に甲子園で見られる可能性は夏となります。

さらに甲子園優勝投手の前橋育英の高橋も同じ状況です。



選抜の盛り上がりはどうなるのか?

2人の対決は、夏に期待するとして、

今回は、済美のエース安楽について球種やフォームを分析していきたいと思います。

安楽智大の球種は?


安楽と言えばストレートが最速157キロというのが注目されていますが、

効果的な変化球も持っています。

例えばスローカーブ

直球との急速さがかなりあるのでより緩急がつき

バッターを抑えるのに効果的です
。安楽自身も、

それを狙ってスローカーブを覚えたみたいです。

代表的な変化球は、縦のスライダーです。

これは、空振りをとれる変化球で安楽の持ち味の一つだと思います。

安楽と言えば、速球とスライダー。スローカーブで幅を持たせる。

あとカットボールでスイートポットを外す。

細かいコントロールはないので緩急を有効に使って

力でねじ伏せるタイプ。

使ってないですが、シンカー、ナックルも投げれるといった情報もあります。

さらに、日本代表では、前橋育英の高橋にフォークボールの握りを教わったみたいなので、

夏までには試合で使える変化球に加わりそうです。

ということで安楽の球種は、

スライダー、スローカーブ、カットボール。

(シンカー、ナックル、フォーク)



秋山も同じような軌道の縦のカーブに速球、プロ入り後に投げ始めたフォークが軸なので

感じは似てるかと思いますが、切れは安楽の方が上ですね。

Sponsord Link


安楽智大のフォームについて


安楽のフォームは、非常にダイナミックで力強いですよね。

どちらかというと肩や肘に負担がかかってしまうフォームです。

グローブを振り上げて、プロ野球のピッチャーのタイプで言うと

村田兆治のような感じでしょうか。

最近なら澤村のフォームと比較したときに肩の回し仕方が

似ていると思いました。

こんな感じです。

安楽と澤村


でも、あのフォームだからこそ地肩が生かせて

スピードも出るのかもしれません。


野球の日本代表に選ばれて、そこで肘が下がってたフォームを修正して

少し上げてからボールに威力が戻ってきたらしいですけど、

夏の大会で球数が増えたことで、腕に疲労がたまり、肘が下がってたんでしょうね。

やはり力で押すタイプなので予想以上に負担がかかっているのだと思います。

なのであのフォームは、メリットもあるしデメリットもある。

ただ安楽にはあのフォームがあっているということかな。

例えばフォームを岩隈みたいにきれいにしたら

安楽らしさがなくなります
。タイプがメジャー向きかもしれませんね。

同郷の西条高校出身の秋山は、現在阪神に在籍中ですが、

高校時代の秋山はロジャー・クレメンスに似てたような。


秋山とクレメンス


高校時代の足の上げ方がだったんですけど、阪神時代のフォームも若干似てますね。

フォローまでは力が安楽ほど入ってないので全然違います。

安楽は村田兆治、秋山はクレメンスということで。

来年ドラフト1位でプロ入りして、秋山との投げ合いも見てみたいですね!!

[追記]
安楽の夏が終わりましたね。

済美はベスト16で敗退。安楽のこの夏の最速は148キロ。

しかしながら4失点。本調子でないながら良くまとめてます。

済美の攻撃が、機能すれば何とかなったような気もしますが

相手のピッチャーも好投しましたね。

初戦は8回まで無得点、2回戦は10点、ベスト16は、1得点。

投打がかみ合えばよかったですね。

次のステップ、プロか大学か、期待しましょう!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 高校野球 » 安楽智大の球種は同郷の秋山と同じ?フォームは澤村に似てる!