FXプライム

大相撲秋(9月)場所13日目。白鵬優勝確実、稀勢に土。豪栄道強い! | sports.com

大相撲秋(9月)場所13日目。白鵬優勝確実、稀勢に土。豪栄道強い!

Sponsord Link

秋場所13日目。満員御礼。

この日、注目された一番、稀勢の里ー豪栄道。

稀勢の里は、敗れ3敗目。優勝への自力優勝はなくなりました。

初優勝の可能性は、ほとんどなくなりました。

明日は、白鵬との直接対決が控えていますが、勝つ可能性はあると思います。

しかし、連敗しないので千秋楽は勝ち優勝でしょうね。

稀勢の里は、残り全て勝ち12勝3敗で終えれば、評価は非常に高くなります。2横綱を倒す形に

なりますからね。明日は勝ってもらいたいですね。

そして遠藤は、新入幕ながら早くも小結の栃煌山との対決。結び4番前です。

凄いことですね。あまりものスピード出世で大イチョウがないですからね。

つまりオールバックの状態。しかし3役相手に完敗で4敗目。

しかし2ケタまであと1勝。達成してもらいたいですね。

それでは本日の取り組みの分析です。

・稀勢の里ー豪栄道

立ち合いは圧倒的に稀勢の里。

つきはなし稀勢の里が勝ったと思いました。

しかし豪栄道は、突っ張りを下から跳ね上げながら左からいなし、

さらに速攻で密着した押し、のど輪。状態が起き上がった稀勢の里は、

左のおっつけをしようとするも、もう後ろに体重が乗っている状態。

押し出されるしかありません。やっぱり豪栄道は強かった。

体も引き締まっておりいい状態をキープ。大関昇進まで近いですね。

・琴奨菊ー日馬富士

立ち合いから琴奨菊の圧力が強く、押し込み。左下手はとられていましたが、

絞り込んで固定しながら左差で前に前に、最後は、日馬富士、状態が起き上がり首に手を

回す状態に。もう身動きはとれません。後はがぶり寄りで。

・白鵬ー鶴竜

今日の白鵬は、非常に厳しかったですね。しかも速攻相撲


左上手、右差でがぶり寄り。さらに追い込み鶴竜は逃げるしかありません。

しかし白鵬の左上手からの出し投げ。鶴竜が1回転したところ押し出しました。

強すぎます。

明日勝てば優勝決定。4連覇です。どうなるか?

本日の結果



白鵬12勝1敗 ○ 押し出し ● 鶴竜9勝4敗

琴奨菊8勝5敗 ○ 寄り切り ● 日馬富士9勝4敗

稀勢の里10勝3敗 ● 押し出し ○ 豪栄道9勝4敗







千秋楽→


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 大相撲 » 大相撲秋(9月)場所13日目。白鵬優勝確実、稀勢に土。豪栄道強い!