FXプライム

大相撲秋(9月)場所11日目。横綱の強引さ&稀勢の完勝&遠藤が勝ち越し | sports.com

大相撲秋(9月)場所11日目。横綱の強引さ&稀勢の完勝&遠藤が勝ち越し

Sponsord Link

秋場所の11日目。終盤に入っています。

優勝争いは、白鵬、日馬富士、稀勢の里に絞られそうです。

本日は、盛り上がる相撲が多かったですね。

結果的には、白鵬、日馬富士、稀勢の里揃って勝ち、1敗で白鵬を追いかける形です。

それでは、本日の取り組みの分析をしてみたいと思います。

・千代大龍ー琴奨菊

この一番は、立ち合いで千代大龍の左からのかち上げに対し、

琴奨菊は、上手く左手を抱え込み、そのまま大関らしい圧力で押し込み土俵際から内側に向かって

右から突き落としました。

・鶴竜―宝富士

鶴竜はのど輪とはたき込み連携。しかし、宝富士には通用せず、そのあとは、
お互い突っ張りとのど輪のオンパレード。鶴竜は圧力で劣っていましたが、

上手く右上手を取ってからは、流れに乗り右からの送り出し。

白熱した一番でした。

・稀勢の里ー魁聖

稀勢の里は、立ち合い、良い形で踏み込みましたね。いい当たりでした。

左からの強烈なおっつけで相手の態勢を崩し、右ののど輪で押し出しました。

非常に強かったです。2敗を守れていい流れです。

・日馬富士ー豪栄道

日馬富士は、立ち合い下から両手での突き上げで豪栄道の状態をおこし、

さらに頭から潜り込んでの押し。豪栄道は土俵際まで追い込まれましたがよく踏ん張り

何とか耐えます。しかし横綱の高速のつっぱりの猛攻が続き、

豪栄道は上体が上がったまま。ついに、右上手と左下手をゆるし、日馬富士の

攻めで寄り切られました。負けが許されない崖っぷちの横綱ですが何とか2敗を守り9勝目

です。これから大関、横綱戦が控えているのでまだまだ気が抜けませんね。

・白鵬ー妙義龍

今日の白鵬は、強引な勝ち方でした。

形としては妙義龍の相撲で、左からのおっつけから頭をつけて左から左からの攻めでペースは

圧倒的でした。しかし、白鵬に一瞬にして両手を抱え込まれロックされ動きが止まりました。

そしてでました、強引な白鵬。右から捻っての小手投げで妙義龍は裏返しに。

形としては、圧倒的に妙義龍が有利でそれでも逆転されてしまうという結果となりました。

これで、明日からの横綱大関戦面白くなりますね。

明日は、稀勢の里 – 日馬富士の2敗対決や

白鵬 – 琴奨菊の結び前。 楽しみにしましょう!!

ちなみに新入幕の遠藤は、勝ち越しを決め3敗を守ってます。

いきなり2ケタいくのか!?がんばってもらいたいですね。

本日の結果。



白鵬10勝1敗 ○ 小手投げ ● 妙義龍5勝6敗

豪栄道7勝4敗 ● 寄り切り ○ 日馬富士9勝2敗

稀勢の里9勝2敗 ○ 押し出し ● 魁聖6勝5敗

宝富士1勝10敗 ● 送り出し ○ 鶴竜8勝3敗

琴奨菊7勝4敗 ○ 突き落とし ● 千代大龍3勝8敗





Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 大相撲 » 大相撲秋(9月)場所11日目。横綱の強引さ&稀勢の完勝&遠藤が勝ち越し