FXプライム

大相撲秋場所千秋楽。豪栄道11勝、大関昇進をかけて九州へ、白鵬、稀勢勝利 | sports.com

大相撲秋場所千秋楽。豪栄道11勝、大関昇進をかけて九州へ、白鵬、稀勢勝利

Sponsord Link

本日は、秋場所千秋楽。今場所7回目の満員御礼。

今日は、勝ち越しがかかっている日、来場所に繋げるための日、

プライドをかけた相撲。それぞれ目的は違いますが大事な日です。

その中で豪栄道が左からのうまくて少し危ない相撲。自力をみせて11勝目。

来場所の結果次第では、大関昇進も可能な成績を残しました。殊勲賞もとりました。



ちなみに松鳳山は敢闘賞。

今場所の豪栄道は、いつもより動きが力強く確実に力をつけてきている印象でしたね。

来場所も安定した相撲を期待です。

稀勢の里は、鶴竜との一番で圧倒的な攻め。最後は、はたき込まれ物言いが付きましたが、

判定通り稀勢の里の勝ちで11勝4敗で今場所を終えました



振り返ると、腰が浮いてしまった相撲が前半に目立ち中盤から安定してきました。

途中、取りこぼしと言いますか、非常にもったいない一番がありました。

来場所は、一つ上の12勝3敗を目指して、レベルアップしてもらいたいです。

稀勢の場合、足腰の強化ですね。

千秋楽結びは、横綱同士の対決!

白鵬ー日馬富士です

相撲は一瞬。立ち合いで白鵬が日馬富士の右腕を抱え込んでからの強烈な小手投げ。

一瞬で決まりました。白鵬が今場所よく使う技です。

14勝1敗。強いです。

稀勢の里や豪栄道もだんだん力をつけてきていますし遠藤も出てきましたし、

来場所も面白くなってきました。

そして白鵬は、優勝インタビューで35歳まで現役でいる宣言しましたからね。

日本人横綱も何とか誕生してほしいところです。

稀勢の里と豪栄道と遠藤に頑張ってもらいましょう!!

本日の結果です。

東横綱 白鵬 14勝1敗   ○ 小手投げ ● 日馬富士 10勝5敗 西横綱
東大関 稀勢の里 11勝4敗 ○ 寄り切り ● 鶴竜 9勝6敗西大関
東大関 琴奨菊 10勝5敗  ○ 寄り切り ● 妙義龍6勝9敗 東関脇
西前4 魁聖 7勝8敗    ● 寄り切り ○ 豪栄道11勝4敗 西関脇


14日目。直接対決


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » 大相撲 » 大相撲秋場所千秋楽。豪栄道11勝、大関昇進をかけて九州へ、白鵬、稀勢勝利