FXプライム

上原浩治2013年の成績は恩返しの気持ちから。倍返しの半沢とは正反対 | sports.com

上原浩治2013年の成績は恩返しの気持ちから。倍返しの半沢とは正反対

Sponsord Link

レッドソックスでクローザーとして活躍中の上原浩治は、

現在、プレーオフ、アリーグの優勝決定戦を戦っています。

チームは、1勝1敗で五分の状態。

この特別な舞台でもクローザー上原浩治の活躍は目立っています。

ストレートは140キロながら、

コントロールは抜群で、スプリット系の球を見事に操っています。

なのでリズムが非常によくチームに与える影響は大きいと思います。

これが、上原のピッチングです。






シーズン中は、27イニング連続無失点


そして37打者連続アウトという記録。


リリーフとしてトップクラスの成績


普通に凄い記録です。


そんな上原浩治が語っていた言葉が、こちら。

とにかく抑えることの方が大事。
このチームが自分を必要としてくれたことへの恩返しです。
これからもどんどん、積み重ねていきたい


シーズン中のコメントです。

自分を必要としてくれたチームへなんとか結果を残して恩返ししたい
という強い気持ちがこのような活躍ができているポイントかと思います。

もちろん自分の生き残りをかけてという気持ちもあるでしょうが。
抑えたときのハイタッチも気合が入ってますし。

上原ハイタッチ

Sponsord Link


この言葉から分かるように、メンタル面って大事ですよね。
それが土台となっています。

その上に技術が上に乗っかります。
基本このような考えの方も多くいらっしゃいます。

もちろんそれだけではありません。もっと奥深いものです。

例えば、体を動かすことで心を引き付けてくれる場合もあります。

心と体は持ちつ持たれつの関係です。

イチローは、技術が精神面をカバーしうるといっていました。

いろいろ複雑ですが、

上原は、技術と恩返しの精神そして雑草魂があります。

是非、ワールドシリーズでの登板をみたいですね!!

ワールドシリーズに進出したことある日本人は?



上原が好投した後サヨナラ勝ちした理由


P.S.

ちなみに半沢は倍返しですね。

未だに関西ではロケ地だった場所に訪れる方が耐えないみたいです。

明石海峡とか芦屋とか。

まだ余韻があります。今、堺さんは、リーガルハイやってますよね。

ほんと演技派です。



Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » メジャー » 上原浩治2013年の成績は恩返しの気持ちから。倍返しの半沢とは正反対