FXプライム

上原と岡島が重なる、球数は?あと1つでワールドシリーズへ | sports.com

上原と岡島が重なる、球数は?あと1つでワールドシリーズへ

Sponsord Link

レッドソックスの上原がリーグ優勝へ一歩前進しました。

18日(日本時間)に行われたリーグ優勝決定戦の第5戦、

4-3でタイガースに勝ちリーグ優勝王手としました。



あと1勝すればリーグ優勝でワールドシリーズへ駒を進める形となります。

上原は2011年のレンジャーズ時代

ワールドシリーズへ進出して以来2回目の大舞台を狙います!!

この日は2勝2敗でむかえた第5戦。



非常に大事な試合となります。

上原は、8回1アウトからの登板。

スコアは4-3の1点差の状況。

特別な雰囲気で、緊迫した状況の中、見事無得点に抑え

チームの勝利に貢献しました。

球数は、27球少し多めでしたが何とか切り抜けましたね。

ちなみに27球中ストライクは19球でした。

フォークも合されてきていたし一歩間違えればってとこでした。

ここまで80試合投げてきて体力的にも精神的にも疲れがでてきていると思います。

その中できっちり抑える上原は凄い!!あっぱれをあげましょう。

とりあえず後1勝がんばってもらいたいです!!

あの熱いハイタッチがまた見れたらいいですね!

上原と岡島が


それと気になったんですが、

上原の活躍を見ていて、一時レッドソックスで活躍した岡島のことが気になり調べてみました。

あのときは岡島も大ブレークしましたよね?

なので、上原と岡島が重なってきました。

上原と岡島
(2007年の岡島と2013年の上原)

岡島は現在どこにいるのでしょうか


肩に異常が見られ契約更新されなかった岡島は、

2012年日本球界に戻ってきてソフトバンクでプレー。

2013年からアスレチックスとマイナー契約

成果を出せず10月に戦力外通告を受けています

肩に負担のかかる独特なフォームでしたからね。

それにメジャーの公式球は重いですから

上原はフォームはきれいなので安心できます。

ただ本人は、腕の違和感もあり治療器具を使って毎日ケアしているそうです。

非常に負担がかかるんですね。

日本人投手は怪我ばかりですし、球の重さは細身の日本人投手にとっては、

かなり負担になってるのではないかと思います。他にも原因はありますけどね。

そう考えると野茂はそんなことなかったのですごいなと思います。

やっぱ野茂は凄い!!


野茂


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » メジャー » 上原と岡島が重なる、球数は?あと1つでワールドシリーズへ