FXプライム

ワールドシリーズに出場した日本人は?初は?MVPは?リングは?2013年は? | sports.com

ワールドシリーズに出場した日本人は?初は?MVPは?リングは?2013年は?

Sponsord Link



これまでワールドシリーズに出場している日本人選手

まとめてみました。

さらに初めてワールドシリーズに出場した選手、

初のチャンピオンリング

初のMVP、最多出場選手、最多ワールドチャンピオン経験選手なども

お伝えします。

まず出場した選手は、

誰がいるんでしょう?

この方たちです。

1998年 伊良部秀輝(ヤンキース)W
1999年 伊良部秀輝(ヤンキース)W
2002年新庄剛志(ジャイアンツ)
2003年 松井秀喜 (ヤンキース)
2004年田口壮(カージナルス)
2005年 高津臣吾、井口資仁(ホワイトソックス)W
2006年田口壮(カージナルス)W
2007年 松坂大輔、岡島秀樹(レッドソックス)
2008年 岩村明憲(レイズ) 田口壮(フィリーズ)W
2009年 松井秀喜(ヤンキース)(MVP)W
2011年 上原浩治、建山義紀(レンジャーズ)

その中でワールドチャンピオンになって、

チャンピオンズリングを獲得している選手は、

7名います。

伊良部(2回)田口(2回)

高津(1回)、井口(1回)、松坂(1回)、岡島(1回)、松井(1回)

です。

Sponsord Link

伊良部がはじめてワールドシリーズに出場した日本人選手で、

しかもはじめてチャンピオンリングをもらった

日本人ということになります。

僕の中では、井口と田口が一番印象に残ってますけど。

たくさんいます。

チャンピオンリングってどういうものかというと、

こういうのですね↓
岡島のリング


(レッドソックスバージョン)

出場回数で言えば田口の3回が最多

しかも違うチームで(カージナルスとフィリーズ)合計2個のリングを貰っています!

そのリング、日本球界に復帰した時に入団会見で披露していましたね。

2本の指に装備されてました。

そしてMVPを獲得しているのは松井のみです!!

松井MVP


日本人ではただ一人。さすがです。これは日本人とかそうでないとか

抜きにして凄いことです。毎年一人だけですから。

選ばれたチーム(優勝チーム)の中から

一番活躍した選手がMVPですからね。

上原はまだリングを貰っていないので

今季がんばってもらいたいですね!

上原が好投した後サヨナラ勝ちした理由⇒

川崎ムネリンは日本球界復帰!?


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » メジャー » ワールドシリーズに出場した日本人は?初は?MVPは?リングは?2013年は?