FXプライム

メジャーから復帰し活躍できた日本人選手&挑戦した選手[過去未来] | sports.com

メジャーから復帰し活躍できた日本人選手&挑戦した選手[過去未来]

Sponsord Link



過去、MLB(メジャーリーグベースボール)に挑戦して、

その後日本の球団に戻ってきた選手は数多くいます。逆輸入みたいな感じですね。

その中で日本に戻ってきて活躍できた選手をピックアップしていきたいと思います



メジャーに挑戦した選手


アメリカに渡って活躍した先駆者といえば野茂投手です。

野茂投手が、メジャーでトルネード旋風をわかせてくれたおかげで日本の評価が高まり、

日本球界も注目され始めました。



ちなみに日本人初のメジャーリーガーは、村上さんです。


では、これまで日本球界からメジャー挑戦をした日本人は誰がいるでしょう?



青木宣親:ヤクルト⇒ブルワーズ (2012-)
石井一久:ヤクルト⇒ドジャース (2002-2005),メッツ (2005) ⇒西武
五十嵐亮太:メッツ (2010-2011), ブルージェイズ (2012),ヤンキース (2012)
井川慶:ヤンキース (2007-2008)
井口資仁:ホワイトソックス (2005-2007),フィリーズ (2007),パドレス (2008), フィリーズ (2008)→ロッテ
イチロー: マリナーズ (2001-2012),ヤンキース (2012-)
伊良部秀輝:ヤンキース (1997-1999), MON (2000-2001), TEX (2002)→阪神

入来祐作:メッツ(2006)
岩隈久志:マリナーズ (2012-)
岩村明憲 :レイズ(2007-2009)パイレーツ (2010)アスレチックス (2010)→楽天
上原浩治:オリオールズ (2009-2011),レンジャーズ (2011-2012),レッドソックス (2013-)
大家友和:レッドソックス (1999-2001), MON/WAS (2001-2005),ブルワーズ (2005-2006), ブルージェイズ (2007),インディアンス (2009)
大塚晶則:パドレス(2004-2005),レンジャーズ (2006-2007)→ 日本独立リーグ
岡島秀樹:レッドソックス (2007-2011)→ソフトバンク→アスレチックス (2013)
柏田貴史:メッツ (1997)

川上憲伸:ブレーブス (2009-2010)
川﨑宗則:マリナーズ (2012),ブルージェイズ (2013-)
木田優夫:タイガース (1998-2000),ドジャース (2003-2004),マリナーズ (2004-2005)
黒田博樹:ドジャース (2008-2011),ヤンキース (2012-)
桑田真澄:パイレーツ (2007) 引退。
小林雅英:インディアンス (2008-2009)
小宮山悟:メッツ (2002)
斎藤隆:ドジャース (2006-2008), BOS (2009), ブレーブス (2010),ブルワーズ (2011),
ダイヤモンドバックス(2012)
佐々木主浩:マリナーズ (2000-2003)
城島健司:マリナーズ (2006-2009)
新庄剛志:メッツ (2001),ジャイアンツ (2002),メッツ (2003)

高津臣吾:ホワイトソックス (2004-2005),メッツ (2005)
高橋建:メッツ (2009)
高橋尚成 メッツ (2010),エンゼルス (2011-2012),パイレーツ (2012)カブス (2013)
田口壮:カージナルス (2002-2007),フィリーズ (2008), カブス (2009)
建山義紀:レンジャーズ (2011-2012)
田中賢介:ジャイアンツ (2013)
ダルビッシュ有 :レンジャーズ (2012-)

中島裕之:アスレッチクス (2013)
中村紀洋:ドジャース (2005)
西岡剛:ツインズ (2011-2012)
野村貴仁:ブルワーズ (2002)

野茂英雄:ドジャース(1995-1998), メッツ (1998),ブルワーズ (1999), タイガース (2000), レッドソックス (2001),ドジャース (2002-2004),レイズ (2005), ロイヤルズ (2008)
長谷川滋利:エンゼルス (1997-2001),マリナーズ (2002-2005)
福留孝介:カブス (2008-2011),インディアンス (2011), ホワイトソックス (2012)
福盛和男:レンジャーズ (2008)
藤川球児:カブス (2013-)

松井稼頭央:メッツ (2004-2006), ロッキーズ (2006-2007),アストロズ (2008-2010)
松井秀喜:ヤンキース (2003-2009),エンゼルス (2010), アスレッチクス (2011),レイズ (2012)
松坂大輔:レドソックス (2007-2012),メッツ (2013-)
村上雅則:ジャイアンツ (1964-1965)
森慎二:レイズ (2006)
藪恵壹:アスレチックス (2005),ジャイアンツ (2008)
薮田安彦:ロイヤルズ (2008-2009)
吉井理人:メッツ (1998-1999),ロッキーズ (2000),エクスポズ (2001-2002)
和田毅:オリオールズ (2012-)



以上51名。


野茂がメジャーで活躍してから以降多くの選手が海を渡っていますね!

Sponsord Link


日本復帰して活躍した日本人選手


日本人メジャーリーガー


日本球界に復帰したのは、

石井一久 、五十嵐亮太 、井川慶、井口資仁 、伊良部秀輝、入来祐作
岩村明憲 、大家友和、岡島秀樹 、柏田貴史
川上憲伸、木田優夫、小林雅英 、小宮山悟、
斎藤隆、佐々木主浩 、城島健司 、新庄剛志 、高津臣吾、高橋建、田口壮、
中村紀洋、西岡剛、野村貴仁 、福留孝介、福盛和男、松井稼頭央
村上雅則、藪恵壹、薮田安彦 、吉井理人


以上31名

追記:中島裕之、黒田博樹、松坂大輔も復帰(2015年)

日本に戻ってきて活躍している選手と言えば、

現役では中村紀洋選手、松井稼頭央選手、西岡剛選手、井口資仁選手くらいでしょうか。


過去には、新庄剛志選手が1年目だけ打率.298。その後は、

いろんな演出で球界を盛り上げてくれたり、
岡島選手は56試合に登板して防御率0.94


城島選手は日本復帰後1年目だけ、打率.303。


それ以外の選手は、あまり印象には残っていません。

年齢も関係してるでしょうが、アメリカから逆輸入された選手は、

思ったような成績を残せてないといえるでしょう。

あれだけメジャーで活躍した大魔神佐々木でさえも

日本では、通用しませんでした。全盛期と比べると奪三振も半減しています。


防御率も9点台と信じられない結果です。

ベイスターズでの全盛期は、佐々木が出てきたら試合終了みたいな雰囲気だったのに、

すごい変わりようです。


アッコさん(和田アキ子)に頻繁に呼び出されすぎたのでしょうか(笑)

横浜時代は呼び出されて徹夜で、次の日登板してたみたいですから。


まとめ


日本とアメリカの野球は違います。

練習も球数など管理されていたり、自由ではありません。

日本のように練習量も確保できない環境です。

それも、復帰後活躍できない原因かもしれませんし、年齢や日本の野球レベルの向上も

要因かもしれません。気持ちの問題もあるでしょう。

今後、メジャーから復帰する選手がいると思いますが、

どうなるでしょう!!

川崎ムネリンは日本球界に復帰か!?


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » メジャー » メジャーから復帰し活躍できた日本人選手&挑戦した選手[過去未来]