FXプライム

ウォルシュジュリアンの出身地は東村山?400mベストでも通用しない? | sports.com

ウォルシュジュリアンの出身地は東村山?400mベストでも通用しない?

Sponsord Link

ウォルシュジュリアンナックベース

最近は、ハーフの選手が活躍しておりますね。

ウォルシュジュリアンもその一人です。

ハーフなので注目されやすいですが、


果たして実力はどの程度のものなのでしょうか?

いろいろと気になる点があるので少しずつ解決していきます。

出身地はどこ?


まず気になるのがどこのハーフか?
またはどこ出身か?

という点ではないでしょうか?

見た目からは若いですし帰化しているとも思えませんので

ハーフだということは予想がつきます。


さてどこのハーフなのでしょうか?

これはあっさり答えてしまいましょう!

ジャマイカです。

見た目からも何となくジャマイカっぽい感じがしたので

「やっぱりかぁ」と思われたかとも多いのではないでしょうか?

ジャマイカとのハーフと言えば、100m代表のケンブリッジ飛鳥も

その一人です。ちなみにサニブラウンはガーナですね。


サニブラウンの経歴は?
ケンブリッジ飛鳥の苗字はどれ?

陸上界もすごい国際的な面子になってきましたね。

ところで出身地はどこなのか?

実は2歳までジャマイカで暮らしていたみたいなので、

ジャマイカということになります。

ジャマイカのキングストンという都市です。

3歳からは日本での生活で、出身中学は東村山市立第三中学校です。

東村山と言えば、志村けんさんの出身地として有名ですが、

志村さんは東村山第二中学校なので、中学の大先輩というわけでは

なさそうですね。

またまた登場します、オコエ瑠偉(ナイジェリア人とのハーフ)。彼も東村山出身なのですが、

6中なので違う。ということでこの3人は東村山というつながりは

あるものその他はほぼ共通点はないですね。

オコエ瑠偉はどんな性格なの?

その後、高校は埼玉県の東野高校

大学は、桐生と同じ東洋大学に在学中です(2016年現在)

桐生祥秀はなぜ東洋大学へ行ったのか?その理由は?

というわけで、

ウォルシュジュリアンはジャマイカのキングストン出身で東村山育ちです。

Sponsord Link


自己ベストを出しても世界では通用しない?


ウォルシュジュリアン2

現在のウォルシュジュリアンの自己ベストは、

どのくらいかご存知ですか?


45秒35です!!

この記録凄そうに思いますが、

実際のところアジアでしか通用しません。

オリンピックでのメダリストの記録を見てみると

遅くても44秒8なんです


これ差がないように感じますが、半歩違えば0.1秒以上は変わりますので

少なくとも3歩から4歩分は差が開いているのです。

レースであれば決勝に残れたとしても、最下位争いをしていることになります。

400mの顔である金丸祐三でも45秒16(2009年)が自己ベスト。

世界との壁はまだ厚いといえます。0.1秒縮めるのはそう簡単にはいきませんからね。

ウォルシュジュリアンはまだまだ若く1996年生まれの19歳ですから

今後の伸びに期待し東京五輪の次の大会くらいにはメダル候補になるくらいまで

成長してもらいたいですね。ポテンシャルは秘めていますから。


最後に


最近は、100mの桐生や200mのサニブラウン、400mのウォルシュジュリアンといった

若手が日本のトップに躍り出てきています。

そのため今後の成長に期待が持てるということで、

順調に育ってくると東京オリンピックが楽しみに

なりますね。リオオリンピックも注目ですが、

それ以降も期待しましょう!



Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » オリンピック » ウォルシュジュリアンの出身地は東村山?400mベストでも通用しない?