FXプライム

イチローの面白いプレー 落胆から大歓声へ!!そのプレーとは? | sports.com

イチローの面白いプレー 落胆から大歓声へ!!そのプレーとは?

Sponsord Link

イチローが面白いブレーを披露しました。

どんなプレーかというと、ライトフライの捕球です。

ライトフライ?背面キャッチですか?

いや違います。

じゃあ何が面白いんですか?普通のフライなんですよね?

それは実際プレーを見てもらったらわかります。最高です!

どうやって見るんですか?

誰かの映像を共有させてもらいました。

ではどんなプレーか解説します!!

その後に楽しんでください!!

8・31のオリオールズ戦でライトを守ってるイチローに打球が飛んできました。

打たれたピッチャーもチームメイトも観客も、イチローの様子から、スタンドに入った、

つまりホームランだと思っていました。


しかし、それはフェイントで一瞬で体を入れ替え余裕で捕球したのです。

みんなホームランだと思っていただけに、驚きと歓声が。

落胆から大歓声に。


イチローはこうコメントしていました。

[みんなだまされた。めっちゃ面白い。予定通り」

「(本塁打は)ないと分かっていたのでちょっと遊んでみた。盛り上がった方がいいもんね」


ピッチャーのノバは、ぼう然。たまったもんじゃありません。

ノバはこうコメントいています。

「最終的には捕るわけだから、いいじゃないですか。地獄から天国にいるような感じ」

Sponsord Link


いたずら好きとしては、イチローが面白いっていう気持ちがわかります。

誰もがわかると思います。

ホームラン打たれたら同点の場面ですからね~

でも結果的にアウトですから、OK。

観客も喜び9回盛り上がりましたからね。


結果的にファンサービスとしてはよかった。



会社で仕事してるときに、トリックプレーのようなことをしたら怒らそうですね(笑)

トリックプレーと言えば以前には、捕球体制に入って、飛球を捕れると見せかけて、フェンス

にあたって跳ね返ってきたところを好返球して進塁を阻止するプレーもされていました。

日本ではあまり見られないですがアメリカではやる選手が多いですよ。

はじめて見たのは、バリーボンズがやっていたトリックプレーで、このプレーは飛球を捕球するため

グローブを差し出したところ前でワンバウンドし捕球して返球といったものです


日米野球でも見たことあるような気がします。

あと元日ハムの新庄さんも捕れそうな雰囲気で構えていてフェンスに当たったボールを素早く

返球するプレーをしていました。



非常に印象に残っています。

ランナーの進塁を防ぐにはいいんです。頭脳プレーって。

また、イチローネタで更新したいと思います!!


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

sports.com TOP » イチロー » イチローの面白いプレー 落胆から大歓声へ!!そのプレーとは?